リハトレ博士のブログ

介護予防現場に幸せをお届けする営業マンのリアルな日記

*

介護大手増収増益

11月21日付け「高齢者住宅新聞」に大手介護事業者の第2四半期の決算情報が発表された。

各売上は以下の通り

ニチイ学館:755億、ベネッセHD:575億、ツクイ:430億、ユニマットRC:236億、セントケアHD:199億・・・

この内、ツクイとセントケア以外は前年より増収増益となっている。

ツクイはデイのマイナス改定の影響、セントケアHDは訪問介護での要支援者の利用減や看護師等の採用に強化した事が要因。

介護事業での売上が数百憶円・・と言うのは小規模デイの立ち上げをメインにしている弊社から見ると想像を超える数字だが

他業界では1兆を超える売上を上げる企業もある。

そこまで行かないにしても本発表の数倍の売上を将来的に達成する事で、

介護=3Kのイメージを払拭し、やりがいのある職業である事を認識して貰うきっかけになればと考えている(他人任せだが・・・)

DSC_0408

DSC_0408

 

 

 

 

  2018/11/26    ブログ


システムインスツルメンツ(株)の紹介

こんにちは。

今日は弊社(サロンオールディーズ)の親会社であるシステムインスツルメンツ(株)について紹介します。

【システムインスツルメンツ株式会社 概要】

1972年創業。東京都八王子市にある医療機器、分析機器の製造販売メーカーです。

現在は医療・健康・バイオ・環境を主な事業内容としております。

最近の注目動画→https://www.youtube.com/watch?v=-Iw2dTN9sZ4

リハトレーナー、まゆっこはここで生産されております(Made in 八王子です 😛 )

DSC_0394

DSC_0394

外観。2F建ての建屋です。

DSC_0395

DSC_0395

玄関:色々な分野で頂いた受賞記念品を展示

DSC_0398

DSC_0398

生産現場:レッグプレスを製造中です。この後、組み立て→配線→調整→ランニングテスト→出荷

レッグプレス

レッグプレス

レッグプレス完成品:この形で納品です。

システムインスツルメンツ製品は https://www.sic-tky.com/

医療機器、分析機器で培った技術がリハトレーナー、まゆっこに盛り込まれています。

 

 

 

 

 

 

  2018/11/22    ブログ


サルコペニア予防

11月14日は「世界糖尿病デー」でした。

サルコペニアとは「サルコ=筋肉」「ぺニア=減る」と言う意味になります。

加齢による筋力量の低下を示すものです。

筋力量は40代後半から落ち始め60代を超えると更に急激に落ち始めると言われています。

糖尿病患者はその割合が一般の人と比べ2~4倍高いので注意が必要。

筋力量低下の簡易な測定方法として「指輪っかテスト」があります。

人差し指で輪っかを作りふくらはぎの一番太い部分を指で囲みます。

太い部分が指指輪っかに入り隙間ができてしまう人はサルコペニアの可能性が高いと言えます。

サルコペニアが進行すると(=筋力量の低下すると)、転倒や寝たきりのリスクが高まります。

バランスと取れた食事、適度な運動(30分以上のウォーキング)などで予防しましょう


DSC_0392

DSC_0392

 

 

  2018/11/21    ブログ


産業交流展 2018 出展のお知らせ

【産業交流展2018出展のお知らせ】

○日時:11月14(水)~16日(金)10:00~17:00

○会場:東京ビックサイト 東4-6ホール

○出展ブース:東6ホール 機械金属ゾーン

○詳細:https://www.sangyo-koryuten.tokyo/

当日は認知機能低下ケアシステム「まゆっこ」を実機展示致します。

是非、この機会にご体験下さい。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。 

main_pic_2018_01

 

  2018/11/09    ブログ


見て、聞いて、体験して「まるごと介護フェスタin八王子」出展のお知らせ

11月11日は「介護の日」。(知ってました?)                                            介護について考え理解して貰えるようにと平成20年に制定されました。                             その「介護の日」にあたる今週の日曜日に合わせ八王子市主催で介護フェスタが開催されます。                    弊社も認知機能低下ケアシステム「まゆっこ」を実機展示します。                                是非、実機体験してみて下さい。                                              また、介護機器の展示以外にも介護の相談コーナーや体力測定、介護講座など様々なイベントが開かれます。                    紅葉狩りの帰りにでも是非、お立ち寄り下さい。

「まるごと介護フェスタin八王子」                                                     ◆日時:11月11日(日)10:00~16:00                                        ◆会場:東急スクエアビル12F                                                     ◆出展ブース:12F ブルーホール                                                         ◆入場:無料                                                                                                                                                                    ◆詳細:https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/welfare/004/004/001/p003863_d/fil/kaigonohi.pdf      

皆様のご来場をお待ち申し上げております。                                                                                                                                                                

 

 

 

 

 

 

  2018/11/08    ブログ


住宅型有料老人ホーム「ザ・プライム開成みなみ」様

本年10月1日 神奈川県足柄郡に開設した「ザ・プライム開成みなみ」様

一瞬、高級マンションと見間違えてしまいそうな高級感のあるモダンなデザイン。

サウスポート南外観2

3~5Fが住宅型有料老人ホームとデイサービス、2Fは脳梗塞専用のリハビリセンター、キッズアカデミー、病児保育、1Fはクリニック、調剤薬局、美容室、Cafeなどを併設。             

サウスポート南外観

喫茶

今までの有料老人ホームとは異なり、そこに入居する方だけではなく、外の人も利用可能な様々な施設(機関・お店)を併設するスタイルが主流。 

サウスポート南内覧1リハトレーナーは5Fにあるリハビリ型デイサービスに設置。入居者はもちろん、外からの利用も可能。希望すればヒノキ風呂にも入る事ができます。周囲に高い建物が無く5Fからの見る街並みは素晴らしい景観です。定員20名。

施設に様々な店舗を併設する形は、高専賃やサービス付高齢者住宅などが立ち始めた時から始まったように思える。それまでの老人ホームはグレードの差こそあれ、老人ホームだった。それが介護付きに始まりクリニックの併設や食堂運営を外部委託し食の充実を図ったりと様々なサービス、業種と連携を深めている。併設機関やお店も自分達の店舗の上に利用者(消費者)が確実いる事のメリットを感じての出展だろう。

近い将来、介護施設内にも大規模病院と同じようにコンビニやドラッグストア、ファーストフード店などが立ち並ぶ日もくるのではないかー。                                

 

 

  2018/11/01    ブログ


会社(東京京橋)付近のお食事処♪

今回は弊社がある京橋付近の「お食事処」をご紹介 🙂 

まず1軒目は「レストラン サカキ」

DSC_0366

DSC_0366

弊社ビルの1Fにあるフレンチレストラン。                         ランチのお薦めは「目玉焼き焼き付ハンバーグ」(1,150円)、「もち豚のポークカツ」(1,300円)  有名シェフの作る肉厚のハンバーグ,それに掛かるデミグラスソースは絶品!            連日行列のできるお店なのでご利用の際にはお早目に(11時半には行列ができています)                    http://www.r-sakaki.com/

2軒目は「日本橋餃子 極 京橋館家」

DSC_0367

DSC_0367

餃子と謳っていますが専門店ではありません。ランチは餃子定食以外にも担担麺セットや焼き魚定食などがあります。夜は居酒屋になり実はお薦めは各種お刺身。新鮮で美味しく頂けます。    まずは餃子でビール、続いてお刺身で日本酒。そして締めはラーメン・・(!^^ 。          こんな流れが楽しめるお店です。               https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13173772/

3軒目は「スタンディングバー・ギョバー」

DSC_0368

DSC_0368

いわゆる「立ち飲みBAR」。ランチは各種500円。サラリーマンの他、OLさん達も沢山食べにきています。夜が立ち飲みなのでランチも当然立って食べます♪(基本、イスがありません)  ランチも日替わりで4~5種類あり色んな料理が楽しめます。夜のハッピーアワー(17:00-19:00)はハイボール1杯:90円とお得です。乾杯ビール→ハイボール→ハイボール・・とお手軽にお安く飲むはずがいつの間にか長居してしまうパターン・・を繰り返しております。http://www.gyobar.net/

最後は「天ぷら 深町」

DSC_0365

DSC_0365

会社から徒歩1~2分にある天ぷら屋さん。「ミシュランガイド東京」で何度も紹介(星)された名店。昼食も夜も連日予約で満席。お値段もそれなり。ランチ(天丼)3000円と7000円、8000円コース。なので実は入った事がありません・・(入れないと言った方が正確かな・・)       「記念日の際には是非利用してみたいな」と考えながらお店の前を通過する毎日です。https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13004105/

名店から立ち飲みまで幅広いジャンルが隠れ家的に営業してるのが京橋。             お近くに来た際には是非寄ってみてはいかがでしょうか?

  2018/10/30    ブログ


高齢者ツアーとインバウンド

先日行った介護展示会で高齢者向けの旅行を企画している旅行会社の話を聞いた。

添乗員に介護スタッフが同行し車いすや杖などを使っても行ける(行きやすい)観光地、旅行ツアーを提案しており、デイサービスや有料老人ホームからの問い合わせが多い、との事。

候補地としては、車いすや杖などを使っても行ける(行きやすい)観光地=インフラが整備されている(歩道幅が広い、段差が少ない、スロープがある)事が条件になってくる。これが充実しているのが近郊では浅草やスカイツリー付近、銀座、遠方では京都、奈良。            実はこの環境インフラが外国人にも好評で訪日外国人が増えているたそうだ(真偽は不明)。                               

確かに今はどの観光地でもハイヒールで行ける。雨が降っても道がぬかるむ事もない。スロープも多い。弊社(八王子)の近くにある高尾山も10年かけ環境インフラ(ゴミ問題)を整えた所でミシュランより星三つの称号を与えられ、さらに登山ブームが重なり現在は外国人観光客の増加もあり年間300万人が訪れる観光スポットになった。

リハビリ型デイサービスを利用する高齢者の中にも「もう少し体力がついたら旅行に行ってみたい」との要望は多い。高齢者=インバウンドとは不思議な組み合わせだが、今後介護業界に外国人スタッフが増えた際には一緒に旅行する事もお互いの楽しみに繋がるのではないかー。

 

 

  2018/10/29    ブログ


継続雇用「70歳に引き上げ」首相が表明(YOMIURI ONLINE NEWS)

「安倍首相は未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明した。働く高齢者を増やすことで、人手不足を解消するとともに年金制度などの安定を図る(抜粋)」(YOMIURI ONLINE NEWS)

人手不足はどの分野でも深刻な問題だ。それまでの経験と実績がある人が継続して勤務できれば経営的にも、社会的意義も大きいと感じる。

一方、タクシーやバスなどの運転手、危険が伴う作業現場や力仕事など、瞬時の判断と行動力(瞬発力)が求められる職業については、議論が必要だろう。

万年の人材不足の介護業界。例えば70歳の介護スタッフが75歳の要介護者をケアする。また場合によっては利用者の方が若いー、と言ったケースも考えられる。介護施設内での老々介護である。(送迎ドライバースタッフなどは、既にそのケースも珍しくは無いが・・)

働き方改革、ワークライフバランス、定年延長・・・、人手不足により海外に人材を求めるようになった介護の世界でどう現実的に反映されていくのか、その答えは見つかっていない。

 

  2018/10/24    ブログ


青色!?のリハトレーナー

ん?シートの色が違うぞ? 青色?

リハトレーナーを導入された方々はびっくりするのではないでしょうか?

そうです。シート色が変わっています。

本来、リハトレーナーのシート基本色は元気になる事をイメージしたビタミンカラーの「黄色」(1色)です。

こちらは、ある施設施設の方が専門業者に依頼して張り替えました(そう言う業者がいます)

施設のお引越や移動の際、施設内装と合わせて行ってみるのも良い気分変えになるのではないでしょうか?

価格は作業+部材で18万~(+別途交通費)。作業時間は約半日。

色は10色~

DSC_0202

DSC_0202

DSC_0201

DSC_0201

  2018/10/23    未分類